■刷毛染
 伸子張りにした布を、刷毛で、染めては洗い落とし、染めては洗い落としを、何回も何回も繰り返し、半年〜3、4年かけて、少しずつ少しずつ染み込ませます。
 完全に染み込んだら、更に3年程、寝かせて定着させます。
 本当に柿しぶ染をしようとすると、短くて3、4年、長くて6、7年かかるはずなのです。
 と同時に、柿渋の性質や性格を熟知しておかないと、本当の柿しぶ染はできないのです。
 したがって一般に「柿しぶ染です」と言って他で売られているものは簡単に色褪せてしまうものが多いのです。

■浸染
 糸やストール等は、煮染にて行います。柿渋だけを使用し、6色の色が出せます。
 この6色を全て染め込み、その比率の違いにより、100色以上の発色となります。
 浸染の場合、寝かせる期間が1年〜1年半と刷毛染と比べ、比較的短く、約2年で完成します。